MIU404最終回第11話のネタバレ感想!結末がバッドエンドにならなかったのは理由は?

MIU404最終回第11話のネタバレ感想!バッドエンドにならなかったのは理由は?

 

うさ
毎回ハラハラドキドキが止まらないドラマ『機動捜査隊MIU404』遂に、第11話で最終回最終回を迎えましたね!
この記事を読んでわかる事!
  • MIU404の最終回第11話のネタバレと感想!
  • 綾野剛と星野源はストーリー内でバッドエンドになる予定だったのか⁉

第1話~最終回までイッキ見するなら・・・Paravi

Paravi

 


MIU404最終回第11話のネタバレ感想!


同時多発テロのニュース映像がフェイクで或ることが判明し、大混乱は収束した。しかし、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行が行えずにいた。伊吹が志摩の態度がおかしいことを追求し、関係がギクシャクする。更に、久住(菅田将暉)の行方がつかめないまま。このまま4機捜はこのまま久住を捕まえることができないのか。

ついに最終回を迎えてしましましたね!早くもMIU404ロスに陥っています!最終的には良いエンディングだったので良かったのですが、最後結末が大どんでん返しになったので、「これって本当に最初っから決まっていたエンディングなの?」と個人的には疑問が生まれました!しかしなんにせよ、バッドエンドじゃなくてよかった!

MIU404結末がバッドエンドにならなかった理由は?

最終回は、ドラッグがみせた幻覚『夢オチ』のような結末だったので、がっかりしたファンも少なくない…と思います。

ではなんで、バッドエンドにならなかったのかポイントをまとめて考察してみると…

  • 野木さんのツイートから『人はそう簡単に透けないし、救われない』
  • 『最終話のタイトルが「0」であること
  • ラストシーンで伊吹が無線で『機捜404、ゼロ地点から、向かいます』と発言していること

この3点から、『道を間違ってもリスタートができる』、『選択のミスで道を踏み外しても振り出しに戻れる』…という事を伝えたかった作品なのだと感じました。