私たちはどうかしている7話あらすじネタバレ!椿を助けた女性は誰?

私たちはどうかしている7話あらすじネタバレ!椿を助けた女性は誰?

ドラマ私たちはどうかしている】の7話あらすじネタバレです!椿が火事に巻き込まれ
ある女性に助けられているのが予告シーン登場しました。
その女性なのか…

もしかして元婚約者の栞なのでは?話題になっているので
原作から調べて調査してまとめてみました。

\わたどう第1話~最新話まで配信中!スピンオフも!

》Hulu公式サイトはこちら

今なら2週間無料で視聴できる

 

【公式無料見逃し動画】私たちはどうかしているを1話から最新話まで広告なしで視聴する方法!横浜流星・浜辺美波・観月ありさ・報やあらすじ感想評価も!鈴木伸之・佐野四郎らキャスト情

2020.08.04

私たちはどうかしている7話あらすじネタバレ!感想は?


新進気鋭の和菓子屋『花がすみ』に、由緒ある五月雨亭の仕事を奪われた光月庵。名誉挽回のため椿(横浜流星)が選定会に自分で和菓子を作り挑む。そんな中週刊誌が15年前の事件を嗅ぎまわっていた。週刊誌は今日子(観月ありさ)が樹(鈴木伸之)の不貞に気づき殺したのでは?と迫られる。一方、七桜(浜辺美波)は栞(岸井ゆきの)に会い『あぐらをかいて味を落とした光月庵に負けない』と宣言し光月庵の跡継ぎになるべく多喜川(山崎育三郎)と奔走する。選定会が近づく中、椿の和菓子作りの圧倒的な腕前に感動する一同だが、城島(高杉真宙)は厨房から遠ざかっている椿をよく思っていない。
七桜自身は椿が厨房から遠ざかっていた理由を知り、心が乱される。
選定会は椿の勝利で後に今日子が市議会議員・溝口(吉沢亮)に根回しをしていた事を知る。ある日『花がすみ』が気になった椿は、ある予感を抱いて来訪する。
七桜と椿の運命の再会に、椿を思う栞、七桜を支える多喜川の想いが交錯していく⁉

放送視聴後に更新します!

私たちはどうかしている椿を助けた女性は誰?ネタバレ

ぴよ
15年前の犯人に手がかりとなる⁉火事のシーンで椿を助けたのは誰だったのか…。

私たちはどうかしている椿を助けたのは栞?

漫画・原作37話椿を助けたのは栞であることがわかります。

https://twitter.com/natumiando/status/1304685964934000641?s=20

 

私たちはどうかしている原作はどこで見れる?

原作『私たちはどうかしている』は、U-NEXTお得見ることができますよ!
下記リンクから登録後すぐにみることができます☆

\今すぐタダで読める!

 

下記のリンクから原作【私たちはどうかしている】の『15年前の事件も明らかになる』ネタバレ見ることができるの興味がある方は読んでみて下さい。

U-NEXTがおすすめな理由
  • 漫画『私たちはどうかしている』最新話や栞が椿を助けたシーンも見れる!
  • 15年前の事件の真相が先読みできる
  • 2週間は無料でお試しする事ができて、気に入らなかったら解約しても
    料金一切かからないので、実質無料で読めちゃう!

【私たちはどうかしている】最終回ネタバレ!横浜流星が迫真すぎるキスシーン⁉

2020.08.24