トライアスロン嘔吐は普通なの?東京湾の水質が汚いのが原因か?

トライアスロン嘔吐は普通なの?東京湾の水質が汚いのが原因か?

7月26日に行われた男子トライアスロンは、途中嘔吐したり倒れる選手が続出しており正直過酷なレースとなっていました。

 

東京湾水質を見ても『こんなところで泳ぐ人いるの?』っていうくらいあまりにも汚い水質だったので、

 

競技会場では「水質のせいで選手たちが嘔吐したんじゃないの?」と指摘が上がるほど!

 

しかし、水質に関係なく競技中の選手が嘔吐することは珍しくない・・・としている声もありました。

 

本当に東京湾のせいではないのか・・・見ていきましょう。

 


トライアスロンで選手が嘔吐したのは水質汚濁?

トライアスロン嘔吐は普通なの?東京湾の水質が汚いのが原因か?

 

以前から東京湾の水質が問題視されていたので、調べてみると・・・

 

トライアスロンが開催された26日の水質や水温はともに基準値内で無事に実施されていました。

 

ですが今後も雨が降って水質が悪化する傾向は変わっておらず今後も予断を許さないそうです。(情報源:読売新聞オンライン)

 

トライアスロンで嘔吐することは珍しくない?

嘔吐に関して言えば、トライアスロンは過酷な競技なので競技中に体調が悪くなって嘔吐を引き起こすことは珍しくないそう。

 

今回トライアスロンに参加した日本代表の小田倉真選手は『【臭いは】全くなかった海外でそれなりのコースを経験しているので、全然泳ぎやすかったと話していました。

 

選手の意見もそうだし、水質も基準値以内だから、『じゃあ、トライアスロン選手の嘔吐は珍しいことじゃないんだ・・・』と思い調べると、

 

もう一つの疑惑が浮上していることがわかりました!

 

トライアスロン嘔吐の原因は熱中症?

水質に問題のない中、猛暑での開催だったので『熱中症』の可能性もニュースで報じられていました。

 

ですが、排水垂れ流し状態の日本湾とも言われていたので海外からは相当な批判を受けていることも事実です。

 


ネット上での反応は?